ご挨拶
理事長 西野徳三

 財団法人日本化学研究会は大正15年に東北帝国大学教授の眞島利行先生(1874-1962)によって、わが国で最初の化学関係の文献情報を収録した「日本化学総覧」の発行を主目的として発足しました。以来、90年以上に及ぶ歴史をもちますが、平成25年8月からは、新公益法人制度の施行に伴い、「公益財団法人日本化学研究会」として認定を受け,再スタートしました。

 財団発足当時は国内の化学関係文献の抄録誌を刊行してきましたが、昭和30年代後半から抄録すべき化学文献が急速に増加し、一法人では事業を継続することが困難となったため日本科学技術情報センター(現、科学技術振興機構)に業務を移行しました。その後本会は昭和52年に、「わが国における化学研究の連絡を図り、あわせて、その進歩発達を助成する」ことに目的を変更し、爾来わが国の化学研究者に対し450件以上、1億7600万円以上の研究助成を行ってまいりました。新たな公益財団法人に移行後も化学研究に対する助成をより強化しつつ従来の事業を継続し、一層充実していきたいと考えております。

 世界的にも高い評価を得ているわが国の化学研究ではありますが、その進歩、発達のために、本会は微力ながら有意義な貢献をしたいと思っております。

 このホームページは本会の活動を広く皆様にご理解いただける様に、また、ご覧いただいた皆様への情報提供の場となれば幸いです。今後とも皆様のご支援とご協力をお願い申し上げます。


ホームに戻る