平成18年度事業報告書

@ 化学情報の流通に関する研究及び事業に対する助成 (寄付行為第5条第1号)     
氏   名 所属機関・職 研 究 課 題 助成金額
村 松   隆 宮教大環境セ・教授 自然環境を対象とした化学実験教材の収集と教師支援データベースの構築
400.000 円
 平  秀 晴 岩手大農・教授 遺伝情報を基盤とした小胞体ストレスによる神経細胞死誘導機構の解析 400,000 円

(計 800,000円)

A 化学研究に対する助成 (寄付行為第5条第2号)
氏   名 所属機関・職 研 究 課 題 助成金額
 う す き
 臼 杵  毅
山形大理 ・ 教授 ガラス化により発現する高イオン伝導性の謎を解く 400,000 円
 南  一 郎 岩手大工 ・ 准教授 トライボ化学反応を活用した環境調和型潤滑油による耐磨耗保護膜の創製 400,000 円
 玉 井 康 文 日大工 ・教授 新規光学活性ポリスルホンアミドの合成と鏡像異性体分離膜への応用 400,000 円
 橋 本  勝 弘前大農 ・ 教授 酵素反応機構解明を目指したendo-glycosidase基質類似体の合成研究 400,000 円
       ひでかず
 大 内 秀 一 
青森大薬 ・ 准教授 機能性核酸医薬品の創製を指向したアザ-C -ヌクレオシド類の合成研究 400,000 円
 宍 戸 昌 広 山形大工 ・ 准教授 ラテックス微粒子配列体をテンプレートとするナノ粒子等間隔配列手法の開発 400,000 円


(計 2,400,000円)

B 化学情報に関する海外研修、海外調査及び国際研究集会への出席に対する助成。
  (寄付行為第5条第3号)
当年度該当なし

C その他の事業関係 (寄附行為第5条第4号)
  (1) 選考委員会関係。情報研究・事業選考委員会および化学研究選考委員会を開催。
  (2) 化学情報調査関係。常務理事を中心に化学情報関係の企画資料の調査を行った。

[ ページの先頭に戻る ]
[ 日本化学研究会について]
ホーム